HomePage Search PastLog Admin

姫のページは みなさまのお役に
少しは立てたでしょうか・・・。


【4670回 山の事故】
  Date: 2017-09-26 (Tue)

秋の全国交通安全週間があるならば「山の安全強化週間」もあってもよさそうな・・・

山梨県三ツ峠山というところでロッククライミング中の60代の女性が中宙りとなり防災ヘリで救助されました。

9月22日ロッククライミング中、30m落下し同行の仲間からの救助要請があったそうです。

ほぼ垂直に切り立った岩場で滑落し命綱で宙ずりになっていて意識はあったそうです。

三ツ峠山は河口湖の北西にある開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の3つの頂上の総評の様です。

屏風岩と呼ばれる岩場はロッククライミングの名所として有名らしい。

岩場の宙ずりは私も目の前で見たことがあります。

それは2013年3月、山神社と言う名のゲレンデで起きました。

岩場が急に騒がしくなり何事かと声のする方を見上げると登攀中の若い女性が頭を下にして、もがいていました。

もがけばもがくほどロープがからまり苦しそうでした。

グループでの登攀下降でしたので、すぐ別のロープをセットし救助に向かい、難無きを得ました。

ドラマを見ている様でした。

素早い救出ではありましたが宙ずりの人にとっては長い時間に感じたのだと思います。

同じゲレンデでその日は大きな岩が落下して当たれば即死状態でした。

いつも利用している人曰く「岩が浮いているのは知っていた。いつか落下するのではないかと思っていた」と話していました。

ならば・・・危険を知らせる赤ペイントを塗るとか、誰もいない時間に訪れて安全を確認したうえで落下させておいてはどうなのかと不信感を覚えたことがあります。

そのことがあってから私は「山神社」のゲレンデにはいかなくなりました。

(宙ずりの写真と落下した岩の写真をブログに載せました)

追伸)穂高連峰の難所と言われるジャンダルムでは岐阜県側に滑落した人がいました。

どうぞ山も陸もご安全に!

【4669回 あわやっ!衝突!】
  Date: 2017-09-25 (Mon)

秋の全国交通安全週間が始まったばかりの日、車椅子のお婆ちゃんがダンプと接触して他界されました。

24日、事故現場の前を通過しましたが何事もなかったように車も人も往来していました。

あの車椅子は撤収され、主を失った車椅子の寂しげな写真が事故の悲惨さを物語っています。

24日の午前10時過ぎのことです。私はバイクを安治川駅方面に走らせていました。

国道43号線と交差する梅香交差点を矢印信号が青の直進を示したのでユニバーサル方面へ。

すると尼崎方面から弁天町方面に行こうとするバイクが私の目の前にっ!あぶなっ!

前輪のタイヤが接触したのではないかと思うぐらいの近距離で私のブレーキが間に合ったのです。

「あほかっ〜!」大声で叫び交差点を抜けましたが私の大声で歩行者が振り向きました。

相手のバイクは赤信号を平気で直進して来たのです。正真正銘の信号無視なのです。

接触すればバイクが転倒して怪我をするところでした。スピードが出ていれば危なかったです。

信号待ちで待機後、発進したばかりでしたので速度も出ていなくて幸いでした。

自分がいくら安全運転であってもバカな相手に出遭うと悲惨な目に遭うのです。

注意しようにも既に逃げるように走り去ってしまい何も言えずでした。

同じことを繰り返さない様に厳重注意がしたかったです。

あんな恐ろしい目に遭ったのは初めてでした。

車は動く棺桶と言いますがバイクは全身剥き出しの身ですのでもっと恐ろしいです。

「じゃあ乗るのをやめますか?」と言われれば、今は私の大事な「足」なのでやめれません。

どこに行くにも車よりバイクの方を重宝しています。

息子の乗っていたバイクなので15年以上前のお古ではありますが私の大切な「足」なのです。

一度、盗難に遭い警察に届けを出しました。

警察は「盗難車両は出て来ないので廃車手続きしましょうか」と言われ頭がカッチーン・・・。

「探してくれる気がないのなら自分で探します」と警察を出て自分で此花区中の駐輪場を探しました。(桜島地区を除く)

すると。。。見覚えのあるバイクが燃料切れで堤防沿いに捨てられていたのを発見したのです。

あの時は嬉しかったなぁ・・だから愛着もひとしおです。サドルも破れかけています。

でも・・でも・・私にとって大事な愛車です。

【4668回 雨?それとも延期?】
  Date: 2017-09-24 (Sun)

運動会の季節となりました。

曼殊沙華も咲き始めています。

そらを見あげれば秋の雲が動画の様に色々な形で楽しめます。

金曜日の午後からのどしゃ降りで土曜日予定の西宮市立の運動会開催が危ぶまれます。

「延期の場合は当日の朝に決定」・・・しかし弁当係としてはハッキリしてもらわんと困ります。

「じゃあ雨が降ったら自宅で弁当広げよう!」予備日の日は会議の予定があり応援に行くことができません。

するとどうでしょう!当日は曇り空ながら雨が止み運動会日和となりました。カンカン照りよりいい塩梅です。

生瀬中学校は900人の生徒を抱えるかなり大きな中学校です。

PTAの人達は運動会そっちのけで違法駐車と歩行者の安全を終日見守っていました。

どんな行事でも大変なのは関係者の方々です。ごくろうさまです。

競技中に1台の救急車が校舎の中に入って行きました。

競技中だれも怪我をした様子はありませんでしたのでひょっとしたら見学者の人かもしれません。気になるところです。

孫のももちゃんは陸上部でカモシカのような長い脚をしておりリレーの選手として出場しました。

第1走者でぶっちぎりの1位でバトンを渡すことができました。本当に「ぶっちぎり!」

2位との間をあれほどに離すと2番走者は楽々と走り、次の選手にバトンを渡し最後までぶっちぎりでゴールテープを切ることができました。

日曜日は西宮の大会に出場するのだとか・・・ガンバレ!

中学1年生・・学校にも慣れてクラブ活動も楽しんでいる様子が垣間見れました。

【4667回 私が見た事故】
  Date: 2017-09-22 (Fri)

21日「秋の全国交通安全大会」後のパレード中に見た事故が気にかかりニュースを検索してみました。

「車いすの95歳女性、はねられ死亡」こんな見出しを産経新聞で見つけました。

『21日午後3時10分ごろ、大阪市此花区梅香3丁目の市道交差点で、車いすで横断中の95歳の女性が大型ダンプカーにはねられた。

この女性は車椅子ごと転倒し、搬送先の病院で約6時間半後に死亡した。

大阪府警は、ダンプカーを運転していた52歳の男性を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。

容疑を同致死に切り替えて調べる。

此花署によると、現場は信号機のある片側3車線の交差点。

女性は横断歩道を渡っており、歩行者側の信号が青だったとの目撃情報が複数あるという。

逮捕された男は調べに対し、前の車が止まったため交差点内でいったん停車し、再び発進した時に接触したという趣旨の説明をしているという。』

そういえば壊れた車椅子の傍に大型ダンプカーが停車していました。あれが事故車両だったんです。

ダンプの前に廻り損傷の跡を探しましたが傷らしい傷はありませんでした。

ダンプカーにとっては車椅子が当たったぐらいでは無傷なのかと怖くなりました。

私の背丈が150p、車椅子だと座った状態になるので、高さが半分くらいになると思う。

あのデッカイダンプの運転席から、お婆ちゃんの車椅子姿は、はたして確認できるのでしょうか?

確認出来ないから事故がおきたのですが・・・

(事故に遭った車椅子の写真ブログに掲載・・周囲の警官多数が事故検証を物語っています)

【4666回 無事おわりました】
  Date: 2017-09-22 (Fri)

MBSのアナウンサー「松井愛さん」が来場すると言うだけのことあって、わんさと来場者があり会場がほぼ満席。

やっぱり芸能人(アナウンサーは芸能人ちゃうなぁ)・・を呼ぶと会場が賑やかです。

今年はダンボルギーニに似せたダンボール車を作りアッと会場を沸かせました。

最前列に座っている警察署長、消防署長、市会議員、地域役員の皆さんが笑ってる〜

よっしゃ〜!この調子や・・・手応えを感じた一瞬でした。

最後は会場のみなさんと一緒に「此花は今日も無事故だった」を歌いました。

大会終了後、昇陽高校プラスバンドを先頭にダンボール車のパレードにも参加しました。

「おれが・・」「俺が・・」とダンボール車に乗る候補者が続出したのには笑ったよ。

それでは・・・途中で交代して貰うと言うことで商店街を練り歩きました。

想像以上に受けたね。

見知らぬおばちゃんが肩をたたいて「あんた!楽しませてもろうたで」とエールを送ってくれました。

やっぱり反応があると言うのは嬉しいものです。

ゴールではダンボール車と記念撮影したり・・もうボロボロになってしまいました(笑)

10月の区民まつりまで警察で保管して貰うことにしています。

交通安全パレードの帰り道、四貫島交差点で壊れた車椅子の残骸と地面に落ちている血の塊を見ました。

たったいま安全宣言しての帰りなのに悲しいね。

どっちがどうなのかわかりませんが怪我をしているのは事実。

無残に潰れた車椅子が痛ましい事故の様子を物語っていました。

警察車両も沢山出動し処理中の横を複雑な思いで帰ってきました。

あんな見通しの良い広い横断歩道で・・・署長や区長の眉間に苦悩の大きなシワが・・・・

軽い怪我ならいいのですが・・・回復を祈っています。

【4665回 秋の全国交通安全運動 】
  Date: 2017-09-21 (Thu)

秋の全国交通安全運動がはじまりました。

9月21日から30日までの10日間です。

●重点その@子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢者の交通事故防止

★ 子供の交通事故・・歩行中の事故原因の約3割が「飛び出し」です。

  ドライバー⇒急な飛び出しなど危険を予測した運転が必要です。

  こどもは⇒青信号で道路を渡る時も周りの安全をしっかり確認しましょう。

★ 高齢者の交通事故・・死者の約7割が歩行中や自転車乗用中です。

  ドライバー⇒速度を控え、高齢者の動きをしっかり確認しましょう。

  高齢者は⇒通り慣れてる道路でもしっかり安全を確かめましょう。

★ 高齢者運転の交通事故・・事故件数、死者数、負傷者数すべて増加しています。

  ドライバー⇒運転に不安を感じたら免許自主返納を検討しましょう。

  ご家族は⇒免許自主返納について話し合いの場を設けて下さい。


●重点そのA夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

★夜間の交通事故・・夜間の死亡事故の約5割が18時から21時に発生しています。

  ドライバー⇒進路前方の安全確認、右から横断してくる歩行者ゃ自転車に注意。

  ドライバー・自転車⇒暗い感じる前に早目のライト点灯を

  自転車・歩行者⇒夜間は明るい色の服装を着用し反射材を活用しましょう。


●重点そのB全ての座席のシートベルト、チャイルドシートの着用徹底

  後部座席のシートベルト着用率(一般道路32,4%)(高速道路50,9%)

  チャイルドシートの使用率69,0%


●重点そのC飲酒運転の根絶

  酒酔い運転⇒5年以下の懲役または100万円以下の罰金

  酒気帯び運転⇒3年以下の懲役または50万円以下の罰金

●大阪重点・・二輪車の交通事故防止

  死亡事故の約8割が排気量125t以下

  対向から来る二輪車は、その速度が実際よりも遅く感じられ距離も遠くに見えがちです。


私達は安全週間の間に街頭啓発に出て上記のパンフレットをお渡ししています。

お渡ししきれなかった人のために転記しました。ご家族で読んで頂けると嬉しいです。

21日午後2時、区民ホールにて安全宣言大会が開催されます。

【4664回 此花名物ゴミ焼却炉はいま】
  Date: 2017-09-20 (Wed)

「清掃局の清掃をぜひ!」

此花区舞洲には、やたらと高い煙突のモダンな西洋の建物「舞洲スラッジセンター」と「環境局舞洲工場」があります。

どちらも作者はオーストリア出身の芸術家のフンデルトヴァッサー氏 のデザインで当初は珍しくて見学者が多く押しかけていました。

私が訪れた日は祭日のため見学者たちはいませんでしたが(事前予約必要です)外観を見て驚きました。

第一声が「もったいないなぁ・・・!」でした。

美しいはずのモダンな建物が幽霊屋敷の様に雑草が生えています。

もう何年も手入れしていない様に見えます。

美しいカラフルな西洋の建物一面に蔦が絡まり雑草の宝庫です。

蔦は見た目は美しく見えますが伸び続ける根は壁の隙間に入り込み、雨漏りの原因となるのです。

自宅の壁に蔦が絡まっているお家は、いますぐ処分をお勧めいたします。

♪♪ツタのからまるチャペルで祈りをささげた日〜♪♪」なんて歌もありましたが・・・。

いくら自然環境との融合をイメージしているとは言え異常です。

伸びすぎた樹木、玄関屋根に乗っかっている枯れかけた雑草、害虫たちの恰好の住処になっていそうです。

もう少し手入れがいるのではありませんか?

大阪市内から収集車で運ばれてきたごみは、巨大なクレーンで焼却炉に投入。

粗大ごみは粉砕機で細かく砕き、鉄やアルミを取り除いてから焼却されます。

焼却温度は約900度で、ごみは約5時間で完全に灰になります。

灰の量は1日約180トンで、そのまま埋立地に運ば れます。

ごみ焼却で出たガスはフィルターでろ過し、更に薬品などで完全に無害化してから煙突から排気します。

ところで「分別ごみ出し」守っていますか?

生ごみとプラステックなど、ごちゃ混ぜに捨てている人はいませんか?

私はティッシュペーパーの箱の上の部分のビニールさえも剥がして分別しています。

私は分別については完璧な協力者だと思っています。(笑)

分別がわからない時は清掃局に問い合わせをしています。

ご近所さんも分別について私に尋ねてくれます。わからない時は分別冊子をみて答えるようにしています。

「ひとりぐらいええやないか〜」これが一番厄介です。

これほどまでにして協力しているのに・・・幽霊屋敷みたいになっているゴミ処理場を見ると悲しくなってしまいます。

「分別しても行き着くところ、処理方法は一緒やないか!」とおっしゃる方は一度予約をして見学に行って見て下さい。

って言うが決められたことは家族全員で守りましょう!

【4663回 水没から車を守るには】
  Date: 2017-09-19 (Tue)

台風被害はありませんでしたか?

大洪水。地震と地球は私達に何かを警告している様に思えてなりません。

テレビで台風情報を見ていると水没し身動きできない車をよく目にします。

朝の出勤時は何事もなくて通過出来ても復路には状況が変わり道路が陥没している場合があります。そんな場合どうしますか?

「ええいっ、これぐらい大丈夫だっ!行っちゃえ〜!」が惨事のもとになります。

冠水した道は「「冠水路には入らない」を徹底することが大前提です。

『車を水没から守る5つの鉄則』

●その@ やむをえず入る場合は「ゆっくりと」が鉄則

冠水路を早くこの状態から抜け出たい気持ちは理解できますがも、どうしても冠水路を走るときは「極力ゆっくり走り抜ける」を徹底しましょう。

これはJAFが実際にテストした結果、冠水路を走行する場合は速度を上げて一気に走り抜けるよりも、ゆっくり走ったほうがエンジン停止のリスクは小さかったそうです。

速度を上げると、車両が跳ね上げた水が吸気口からエンジン内部に入り、エンジンが停止、故障、あるいは損傷することになります。

●そのA アイドリングストップはオフに!

道路に貯まった水がエンジン内部に入ってくるのは、吸気口からだけではありません。

車両後部のマフラー(排気管)を通って入るケースもあります。

●そのB 緊急脱出ハンマーの位置を確認しておく。

JAFの実験によると、水深60cmに達した場合、水圧でドアの開閉には5倍以上の力が必要となります。

ミニバンのスライドドアのほうがドアが開きづらくなることがわかっています。

こうした場合に有効なのが「緊急脱出用ハンマー」です。緊急脱出用ハンマーの常備が推奨です。

●そのC 脱出したら来た道を戻るべし!

もし車が停止して車外への脱出に成功したら、「来た道を戻ること」を優先させましょう。

何が落ちているか、路面がどうなっているかわからない道を歩いて避難するよりは、戻る方が安全性は高くなります。

●おまけのそのD

冠水して止まった車のエンジンはかけない

いったん水に浸かった車両は、エンジンをかけたりすると破損が深刻化したり、感電したり、発火する危険性があります。

水に浸かった車両は自分で移動しようとせず、どうしても動かさねばならない緊急時は消防署へ、そうでない場合は最寄りの修理工場へ連絡しましょう。

【4662回 台風一過】
  Date: 2017-09-18 (Mon)

珍しく鮮明な夢をみました。

夢を見ても「こわかった」とか「おもしろかった」

などの残像はあっても内容はうすぼんやりしていて記憶にないのが「夢」だと思っていました。

ところが昨日の夢はあらすじがハッキリしているのです。

『山小屋に到着し、みんなを代表して受付をしている自分がいます。

受付を終えて、振り向くと仲間達はどこかに行ってしまっているのです。

周囲を探しても見つからず途方に暮れている私』

現実として今迄そんな場面に遭ったことは一度もないのに・・・・

原因追究するとすれば就寝前の「カミナリ」だったかも知れません。

耳栓の代わりにヘッドホンをつけ「山の歌」を聴きながら目をつぶりました。

きっとカミナリの怖さと山の曲が引き起こしたのだと思うことにしました。(笑)

朝起きると頭が少々・・・重いです・・・・

台風18号は日本海に北上しました。そして再び北日本に再上陸する見通しらしいです。

今後は温帯低気圧の性質を帯びるため、暴風域や強風域が急速に広がるおそれがあるそうです。

18日の夕方にかけて、北日本や北陸では非常に激しい雨や猛烈な雨が降って大雨となりそうです。

台風一過の大阪では晴れるのですが、30度の暑さが戻って来るらしいです。

被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

テレビ映像を見ていると、ひとり暮らしのお年寄りが多く、不安だから早目に避難場所に来ている人が多かったです

独り暮らしでなくても怖いのですから、お年寄りが不安になるのは当然です。

避難場所にいると、ほかの人達の動きがありザワザワして気がまぎれるのです。

日頃から訓練を受けて地域防災に従事している地域の皆さんの活躍が期待されるところです。動いてくれたかな?

声を掛けるだけでも心強いものです。

そういえば母と二人で台風の夜を迎えるのが恐くて近所に住む従兄妹夫婦に泊りに来て貰っていた記憶があります。

雨戸に戸板を打ち付けて蚊帳を吊って貰いました(蚊帳はカミナリ除けのおまじない)

竹林が庭先にありザァーッと言う竹独特のシナリ音が怖くてこわくて・・・竹がシナル度に瓦を一枚づつ剥ぎ取られて・・

母に「竹なんか切ってしまえばええのにっ!」と言うと「地震の時はあの中に逃げると助かるし筍はうまいしね」と言われたことを思い出しました。

12歳までの記憶しかないはずの母の言葉が時折り鮮明に蘇ります。

高知県は台風の通り道‥被害がなければいいのですが・・・。

【4661回 台風接近】
  Date: 2017-09-17 (Sun)

前線と台風のダブルパンチ

土曜日は朝から雨・・・これぐらい降り続くと、お出かけを中止して納得、なっとく。

お出かけを中止したのに晴れていたら少しだけ悔しい思いをすることがあります。

九州に接近している台風18号は3連休中に大雨をもたらす恐れがあると言われています。

秋雨前線が停滞している影響で、大雨のピークが前線と台風の2回に分かれる可能性もあるらしいです。

熊野古道を歩いている時、和歌山地方を襲った大洪水の後片付けをする住民の人と話をしました。

「怖かったんよ〜ここまで浸かってたの」と土間スレスレまで水が来たことを指差して教えてくれました。

独り暮らしなので夜は近くの小学校で過ごしたそうです。

私の故郷の母なる川、父なる川の四万十川は「台風が来ないと川底の掃除にならん」と言います。

しかし被害が出るほど降って貰っては困ります。何でも「ほどほど」でいいのです。

雨が多いと言っても水瓶となるダム付近は恩恵がないと言うのですから皮肉です。

山小屋の親父さんがFacebookに「三連休だと言うのにキャンセルが続出」と嘆いていました。

台風の影響で停電になるとオール電化の生活は不便で仕方がありません。

部屋の照明、冷蔵庫、今は涼しくなったけど空調も使えません。

パソコンだって、携帯の充電とて困ってしまいます。

トイレのウオッシュレットよお前もかっ!

米は有るけど電気釜が使えません。

そんな時のために、いつもは空っぽの我が家の冷蔵庫も食料が少し詰まっています。

懐中電灯の電池も錆びついていないか確認が必要です。

気象庁によると秋雨前線が活発化し、台風がまだ接近していない地域でも大雨が降る恐れがあるそうです。

「備えあれば憂いなし」むかしの人はうまいこと言うたもんですね。

- Sun Board -