HomePage Search PastLog Admin

姫のページは みなさまのお役に
少しは立てたでしょうか・・・。


【7115回 山小屋のコロナ】
  Date: 2022-08-08 (Mon)

「山は安全だと思っていたのに・・」

日本百名山でもある南アルプス・光岳(標高2591m)の山頂近くに山小屋(県営・光小屋)があります。

この小屋で宿泊した登山客に新型コロナの感染が確認されたため、6日から営業を休止することになったそうです。

いよいよ山の上までもコロナ感染の危険が・・・・。

山小屋を管理する静岡県川根本町によると、8月1日に宿泊した登山客の1人が、翌日の下山後に体調不良となりました。

そして5日新型コロナの感染が確認されました。

また、この客に対応した山小屋の従業員2人が、5日に発熱したそうです。

このため安全が確保できないとして、山小屋は6日から12日まで、営業を休止する措置を取りました。

この期間で約100人の予約が入っていたということで、町が予約した人に連絡するなど対応にあたっています。

私達が訪れた2016年はテント泊でコロナなんて誰も予想もしない時期でした。(テント泊は最高の個室です)

展望のない頂上にショックを受けながら更に進むと、夕日に照らされて白く光って見える光岩(てかりいわ)がありました。

そして岩の上に登り雄叫びを上げた記憶があります。

辛くて長い道のりを重い荷物を背負って来た甲斐があったというものです。だから山が好きっ!

テント場に戻り宇都宮チームの用意した豪華なご馳走に舌鼓をうちました。

いまはどこの山小屋もテント場も完全予約制らしい。ストレスのない良い時期に百名山を制覇しておいたものです。

【7114回 山の事故・北鎌尾根をなめたらいかん】
  Date: 2022-08-07 (Sun)

北アルプス槍ヶ岳に入山した60歳の登山客の男性が4日から連絡が取れない状況となっていて、警察が5日朝から捜索を行っています。

男性は1泊2日の予定で今月2日から単独で入山し、槍ヶ岳へ登山をしていました。(単独?)

しかし、下山予定の3日に「北鎌尾根(標高約3000m)の手前でビバークする」と家族に連絡があったそうです。

4日以降は連絡が取れなくなったそうです。(あれれ?北鎌尾根は電話通じるの?)

登山アプリには北鎌尾根付近(標高約3000メートル)まで男性の記録があるそうです。

4日午後6時過ぎに家族から群馬県警を通じて救助要請があり、長野県警が5日朝から捜索を行っています。

これらのニュースを聞き私と師匠は過去にこのルートを山行したことがありいくつか疑問点がうかびました。

疑問@まず北鎌尾根での携帯電話が通じたのか(10年前は圏外)

疑問A北鎌尾根の手前でビバークとあるが、北鎌尾根の手前は藪の中だし北鎌尾根まで出てこないとビバーグする場所ないよね

疑問Bいったいどこから入ったのか情報があいまいのため今後の事故防止にも役立たない

そして次なる報道です

『 遭難者の捜索を行っていた県警ヘリが男性の遺体が発見。
北アルプス槍ヶ岳で遭難者の捜索を行った県警ヘリが、山頂北側の斜面に横たわっている男性の遺体を発見しました。現場の状況から滑落したとみられるそうです』

やっぱり北鎌尾根手前のビバークではなかったんやね。

槍ヶ岳の北で標高3000m辺りだとすると最後穂先に登る一番危険なところでの事故やね。

槍を下から登るルートはクライミングの知識がないと登れません。

クライミングの知識があっても相棒がいて「そこはダメ!もっと右っ!」等と声掛け合いながら穂先へ進んでいくのです。

単独だと危険を感知したときには滑落してるということになります。

死者にムチ打つ様ですが「どんなベテランでも、岩の経験があっても単独行は危険」

この事を肝に命じないと事故は減らないと痛感しています。

【7113回 よさこいまつりと阿波踊り】
  Date: 2022-08-06 (Sat)

いよいよ近づいてきました「よさこい祭り」と「阿波踊り」

初めて、現地でほんまもんを見ることが出来そうです。

開催決定してからコロナ感染拡大に伴い関係機関は大変悩んだと思いますが、どちらも「開催します」と報道されました。

「踊り観賞三昧」と称して、かねてより企画を立てて貰っていました。

実施日まで1週間を切りました。往復のバスの予約も手元に取り寄せました。

松山のいごっそう君の発信で和歌山、奈良、大阪の3者への受信だから調整もさぞかし大変だったと思います。

しかも相手はハチキン娘(婆)ばかり・・いごっそう君も大変ご苦労されたことと感謝しています。

「♪高知の城下に来て見いや〜じんばもばんばもみな踊るぅ、鳴子両手にみな踊る〜♪」

目を閉じると鳴子の音が聞こえてきそうです。

随分と昔の同窓会の時に、よさこい祭りを見たことが無いと言う話をしました。

「なにぃ?よさこい祭りを見たことが無い?それでは高知県人とは言えんなぁ」そう言われたことがあり機会があれば行きたいと思っていました。

しかし、しかしなのです。問題は宿泊地の確保です。この時期の高知市内は全てホテルの確保が出来ません。

1年見送り、2年見送り、やっと今回「予約出来たよ!」と連絡を貰いました。「行く、行く、行くちや〜」

数年前から話は浮上していましたが宿の予約が難しく、そしてコロナに突入しなかなか希望が叶うことが出来ませんでした。

ところが、ところが今回は宿も取れて、しかも徳島まで阿波踊りを見に連れて行ってもらえると言う豪華版です。

コロナが心配無いと言えばウソになります。しかし怖がってばかりいては後悔を背負ってあの世へと行くことになります。

あの世へのリュックの中身は「幸せだったね」と言う荷物だけ持って行きたいと思っています。

8月10日午前6時30分大阪発高知行のバスで発車オーライです。

【7112回 見舞いの品は駄菓子】
  Date: 2022-08-05 (Fri)

息子達が子供の頃、小学校から戻ったら10円玉を握りしめて駄菓子屋さんに走って行きました。

当たり付きのアイスを買って、棒の先に「当たり」の文字が見えたらまた走って交換に行っていました。

そのころは消費税もなく古き良き時代でした。いまはそんな駄菓子屋さんも町から消えました。

今は時々スーパーで子供同士でレジに並び消費税分が足りない場面を何度も見たことがあります。

(払ってあげたい気持ちをグッと我慢します)

病院の見舞いに駄菓子セットを用意し手紙を添えました。

いまは何を持って行っても食べられないため、せめて目でみて楽しんで貰えたらと思いました。

我が子が幼き頃ママの手を引き、あれやこれやとカゴに入れたであろうお菓子ばかりを選びました。

病人は神経が槍の様に尖っています。一瞬でもいい「クスッ」と笑ってくれるといいなぁ。

あいにくベッドから起き上がれずに顔を見ることは出来ませんでした。

後から「駄菓子、懐かしいけど、元気になったら頂くわ。今は、無理や。😄」とニコニコマークが付いて返信がありました。

ニコニコマーク付いてて・・・良かった!回復したら中止になった淡路島行こうね!

【7111回 今頃は淡路島なのになぁ】
  Date: 2022-08-04 (Thu)

「予定変更の日」

今日と明日は淡路島の宿泊予約を取っていましたがキャンセルしたため、ポッカリと予定が空いてしましました。

「ひょっとして旅行に行ったのでは?」と、病人に思われるかもしれないなぁ

(いやいや、そんなことは思わないし思える状態ではない)と思いつつ姪っ子の妹と病院で待ち合わせをしています。

西九条から特急利用で枚方市駅までたったの32分で到着します。特急って早いよね

(あったりまえ だ のクラッカー!) だ・・こんなギャグ知ってる人いないよね。

京橋駅からノンストップで枚方市に到着します。

駅から歩いて8分、あの便利な屋外エスカレーターに乗り病院の正面玄関で待ち合わせです。

ガラス越しに・・一瞬しかしか会えないけれど・・行って元気付けてやろう!

帰りは姪っ子の妹をねぎらってどこかのパフェで労をねぎらってやりたいと思っています。

「65歳は外出自粛」と言われていますが・・・。それにしてもおっそろしいほどの感染者です。

昨日、かかりつけの病院に薬を貰いに行くと受付業務が行列を作っていました。

職員もコロナ陽性者が出て人数が少ないのだそうです。仕方がない・・・待つとしようか。

スーパーの買い物は家でメニューを考えメモ書きにして速やかに、迷わずに買い物をしよう。

色々工夫してはいますが・・・こわいね。コロナ。

【7110回 8月になりました】
  Date: 2022-08-03 (Wed)

もう8月になってしまいました。コロナ禍で振り回されている間に1日過ぎ、1週間が過ぎ、1ケ月が過ぎて行きます。

感染者数も慢性化と言うかマンネリ化し何万と言う数字を見ても、聞いても、さほど驚かなくなっているから怖い。

8月4日から一泊二日で姪っ子二人を連れて淡路島に行く予定をしていました。退院祝いと誕生日祝いを兼ねて・・・。

しかし病状の急変で再び入院となり、止む無く淡路島行はキャンセルとなりました。

退院後の久しぶりの外出に何を着て行こうか、帽子はどれにしようかと心弾ませていたのに可哀想な結果となってしまいました。

「おばちゃん達だけで行ってきてよ」直前のキャンセルにつき気を使ってくれたけど、そもそもは退院祝いだしね。主役がいないとね・・。

イタドリ三姉妹が揃ってまた次の機会が訪れることを祈って旅行は取りやめとしました。

※イタドリ姉妹とは「姫74歳・姪(姉59歳)・姪(妹56歳)」のことを言います・・・・笑

コロナ禍のため色々な行事が中止となっています。このままいくと2年前のあの大騒動の時と同じことが起るような気がします。

2日の夜に区民祭りの理事会がありました。10月開催の区民まつりは実施します。

但し8月31日の段階でコロナ感染者数が急増していれば中止もあるとの事・・・主催者の苦悩が伺えます。

何度も言いますが7月の大イベント終わってて良かったです!あと3日開催が遅かったら・・・失敗していたと思います。

「65歳以上の年寄りは外出自粛せよ」とのヨシムラ君のお達しの出る前で良かった・・・。

それにイベントに参加して陽性になったと言う連絡も受けておらず何事も万々歳でした。

【7109回 レポートアップしました】
  Date: 2022-08-02 (Tue)

再び河内飯盛山・・・行ってきました。

春に訪れて「まれにみる良いコース」と絶賛し、今回は知人をご案内してきました。

表紙の「飯盛山」をクリックして頂くとご覧いただけます。

「2022山行記録」をクリックして頂き「Mr.ダビットソン&一服剱さんと行く河内飯盛山」からもをご覧頂けます。

今の季節の山行は暑いですがこのコースは竹林の中を歩きますので日差しはそんなに気になりません。

風がもうすこし吹いてくれたらなぁと思いましたが充分楽しめるケースでした。

前回はガスがかかっていた町並みも今回はスッキリ遠くまで見えました。

何よりも登山者と出会うことがありません。山頂で数人に出会いはしましたが広い山の中ですから気にするほどではありません。

朝からの行程を思い出しながら文章に起こす作業はボケ防止対策の特効薬です。ほんま!

「ちょっと130字ぐらいの原稿書いて!」と頼まれても苦になりません。これは日々文章を書く習慣があるからだと思っています。

長い時間が経ってから読み返すのも楽しいものです。

いまはスマホやパソコンの発達で相手に気持ちを伝えやすくなっています。しかも「会話言葉で」・・便利になったものです。

しかし相手に気持ちを伝えるのは手紙だと思っている私は古い人間なんでしょうね、きっと。

退職の時、効果な万年筆を頂きました。「使う機会あるのかしら?」と思いましたが結構使っています。

ボールペンも便利でいいですが万年筆を使う時何故か背筋がピーンと伸びるんです。

手紙の末尾に「乱筆乱文で失礼します」と書くのはスマホやパソコンでは通用しません。

私はこの言葉を書いてから手紙の終わりにすることにしています。


【7108回 おっちょこちょい】
  Date: 2022-08-01 (Mon)

山から戻ると使った物、全て洗濯します。衣類は勿論ですがリュックに登山靴も毎回洗濯です。

飯盛山登山時は特に大汗をかきました。

洗濯するためにリュックの中身を出していたら「あっ傘が無い!」持って行ったはずの折りたたみ傘が見当たらないのです。

何度も途中でレーションだしたり入れたりしたのでどこかに置き忘れか?

それとも弁当をジョンさんに持って貰ったので傘も預けたか?

ラインで聞くも預かってないとの返事。それじゃジャスコで買い物した時忘れたか?

買い物をリュックに詰める時、中身を出したのでひょっとしてと思い、もう一度ジャスコに行って見たけどない・・・。

まっいいか、購入して長く経つので経年劣化と思えばいいかと自分に言い聞かせました。

自分がケチとは思わないのですがまだ使える物が無くなるのはとても勿体ないと思う性格なんです。

壊れたら買い換える主義なんです。CМに惑わされない、詐欺に遭いにくいと自負しています。

入浴の後、空っぽのリュックを湯船に入れると軽い筈のリュックからドスンと音がしました。「何や、なんや?何が落ちた?」

何と傘がリュックの底に残っていたみたいです。雨の日に使うのが傘ではありますが風呂場では使わんやろ?(大笑)

ひとりで大笑いしてたので気が狂ったのかと思われたかもしれません。

大騒ぎの傘事件でした。人のアクシデントは蜜の味と言いましたが自分のアクシデントも蜜の味が濃いわぁ。

【7107回 いい汗流しました】
  Date: 2022-07-31 (Sun)

「暑いのに・・・」リュックを背負って出かけようとすると井戸端会議中の皆さんが口を揃えてそうおっしゃる。

「じゃあ涼しい山に行ってきます」と笑顔で応えましたが「ほっといてっ!」と心の中では叫んでいます。

山ツツジが残っている頃に歩いたコースを案内して再び野崎観音から飯盛山に行ってきました。

今度は道迷いしなかったよ〜笑

あの時期と違いヤブ蚊の多い事・・そりゃそうだよね竹林コース歩いているんだもん。

竹林のおかげで太陽は遮られ熱中症の心配はありませんでしたが何度もこまめに休憩をとりました。

その都度、果物やキューリをかじりバテないようにしました。

2時間ほどで山頂に到着しお弁当を広げました。展望台の下には他のグループがいるため日陰をさがしてドッコラショ!

暑さと疲れから(予想して)梅干し入りのおにぎりと鮭のみのシンプルな弁当にしました。

病院はコロナでいっぱいだから食中毒にでもなると大変だからね。

山の空気吸っていれば何でも美味しいのさ(個人の見解です・・ハハハ)

下山中に姫が「ゴールしたら、かき氷が食べたい〜!」と叫びました。(ビールでなくてよかったの?)

四条畷神社でしばし休憩の後駅に向かう途中「氷」の旗がヒラヒラと風に揺れているじゃありませんか!

「4人、はいれますか?」「どうぞ」と言うことでかき氷にありつけました。

しかし・・ちょっと上品にかき氷で(お値段も上等)メルヘンの世界に招待されたみたいでした。

後で知ったのですが漫画家の人が経営しているみたいで若いお嬢さん達がサインを貰っていました。

体内を冷やしたところで数分待ちで電車に乗ることができました。暑くても老化防止には山に出かけるといいね!

【7106回 狭い日本どうなる?】
  Date: 2022-07-30 (Sat)

コロナ感染拡大で行事が次々に中止になっています。

地元の祭りも屋台なし、神輿なしと決まりました。

盆踊りも中止です。会議の案内も「書面会議」に変更しつつあります。

そう思えば・・24日のイベントが済んだ後「高齢者の外出自粛」なるものが出て本当に「危機一髪」でした。

いま使わないといつ使うねんというほど使っている「危機一髪」と言う言葉。

私の所属する会でもひとりコロナで入院、家族がコロナで濃厚接触者もいます。

ドアを開ければコロナ菌が入って来そうな勢いです。

コロナを怖がって自宅でじっとしていて体力低下も、もっと恐ろしいです。

2年間も乗り切ってきたのですから自分で気を付けながら行動したいと思っています。

8月には暑気払いの会を予定しています。しかし開催できるかどうか・・・心配です。

スタッフの労はねぎらってあげたいし、コロナは恐いしと悩むところです。

学校は夏休みですが2学期からの行事がまたまた縮小や中止になりはしないかと案じています。

感染対策をしっかり取って思い出の中止だけはしないであげて欲しいと思っています。

そう言いながら・・・秋に開催される同窓会はどうなるのかと心配しています。

この勢いなら絶対に「中止」となるはず。

そんな心配をしながら今日も里山にでかけてきます。

- Sun Board -