HomePage Search PastLog Admin

姫のページは みなさまのお役に
少しは立てたでしょうか・・・。


【7214回 4歳の子たちに励まされて】
  Date: 2022-11-25 (Fri)

11月の例会は京都の「仁和寺」で24日に行ってきました。

前日に降った紅葉散らしの雨ではありましたが新しく落ちた落ち葉のジュウタンがとてもきれいでした。

仁和寺の御室八十八ヶ所霊場は、京都でできる一日お遍路として多くの人達がお参りに訪れているそうです。

ポッチーに「平地歩きだから行こう!」と勧めて参加させたものの・・・あっはっはっ〜山登りでしたわっ!

仁和寺の裏の成就山の約3kmにわたる山道に、お堂(札所)が点在し八十八か所を巡る山旅倶楽部にとっては最適コースでした。

しかしポッチーにとっては「平地と言うたのに・・」と今にも引き返しそうな様子でしたが仲間の励ましで、ゆっくりゆっくり時間を掛けて進みました。

あまりに苦しそうなのでシュリンゲを出してフォローしていると、途中で4歳児の遠足の団体と出会いました。

元気に笑顔で登ってきました。ポッチーが「シュリンゲ外して〜!」子供達に格好が悪いらしい(笑)

「こんにちわ!」「コンニチワ!」中には草履履きの子供もいました。

何度か休憩をしながら半分歩いた所の44ケ所目のお堂付近でお昼にしました。

もう少し進めば成就山山頂で眺め良かったんですが・・・

八十八か所目で長い休憩を取り暮れ行く秋に名残りを告げて仁和寺の五重塔を見て帰路に着きました。

【7213回 5回目ワクチン接種】
  Date: 2022-11-24 (Thu)

5回目コロナワクチン接種終わりました。

自衛隊大型接種会場ってどんなとこ?

近場の病院でも接種してくれるらしいですが好奇心もあり自衛隊大型接種会場で受けてきました。

あいにくの雨でしたが午前10時に行くと自衛官らしい人の案内で建物の中へ。

書類チェック、書類審査とひとりにひとりが付き添ってくれて親切丁寧。

待ち時間もなくスーイスイと接種出来ました。

冬場なので脱ぎやすい半袖シャツを着るのを忘れていて慌てて玄関先で思い出して半袖シャツに。

バスで天神橋で下車、少し歩いたところに会場があります。

接種後待機時間を経て解放されました。これでひと安心です。

その後、息子と西九条駅で待ち合わせをして関西医大へ。

姪っ子は痛みが酷くて背中や足やらを3人3様でさすっていたら「みんな、それぞれに力入れて私を八つ裂きする気?」大爆笑〜!

その後も「おばちゃん、私の足つねってる?」そんなわけないけど少しでも力が加わると痛いらしい。またまた大爆笑〜

病室は暗い雰囲気より明るい方が「いいね!」

少しの時間だけ、ほんの一瞬ではありましたが笑いに包まれた病室でした。

【7212回 日帰り研修会】
  Date: 2022-11-23 (Wed)

恒例の日帰り研修会はコロナ禍のため、中止か実施か随分悩みました。

しかし中止ばかりではなく充分な防止対策を取れば安全だという事になり実施する事を決めました。

行先は当初は舞鶴でしたが諸般の事情で滋賀県の陸上自衛隊・今津駐屯地に変更しました。

ガイドもどきとしては舞鶴の方が内容が濃かったんですが(笑)

朝、出発時間になってもバスが来ないので慌てました。

旅行会社とバス会社の連絡ミスでほんま・・どうなるかと汗タラタラ。

来年は旅行会社は変えないといかんなぁ!(色々ミスが重なっているので)

渋滞もあり予定より1時間も遅れて現地に到着。バス到着クイズピッタリ賞はなんと更女の会長さん!

自衛隊の説明を受けたあと戦車に試乗させてもらえることになりました。興奮しましたなぁ〜。

「人が乗る仕様ではありません。少々揺れます」とのことでしたが少々どころではなく胃袋が飛び出すかと思いました(笑)

帰りのバスの中は7月社明運動の「露の団姫」さんの落語を聴きながら戻ってきました。

西九条に到着時「楽しかったよ!」と言ってくださったのが何よりの励みとなりました。

毎日、毎日出歩いてヘロヘロになっていますがまだ大丈夫。寝れば元気復活です。

どんな立派な企画を立てたとて参加者が少なかったり「おもろなかった!」と言われればその企画は失敗です。

まあ今回は「成功」という事で〜(個人の感想です・・フフフ)

【7211回 街頭啓発活動】
  Date: 2022-11-22 (Tue)

高知での同窓会から帰宅し翌日は京都での会議、その翌日は街頭啓発と行事が毎日続きました。

11月は此花区の中学校の生徒会の皆さんと保護司とで犯罪予防活動をする月間となっています。

此花区民に犯罪を未然に防ぐために、この活動を知って貰おうと区役所には10本のノボリバタを立てています。

駅近くの横断歩道には垂れ幕を掲げて呼びかけています。

「そんなことしても無駄や!」と言われるかも知れませんが遊びのイベントも必要ですが時には真剣に取り組む姿勢を知って欲しいのです。

先生に引率されて生徒会の皆さんが定刻に来てくれました。

そして保護司と更女の皆さん。警察・区役所が一丸となって区民に理解してもらうための広報活動をしました。

みなさん元気よく声を出してチラシとビスケツトとウエットテッシュを差し出すと道行く人達は快く受け取って下さいました。

小さな活動ですがコツコツと取り組んでいきたいと思っています。

悩んでいる友達がいたら声を掛けて欲しいです。おかしいなと思ったら先生に知らせて下さい。

ひとりで悩まずみんなで解決出来たらと思っています

【7210回 忙しすぎやしませんか?】
  Date: 2022-11-21 (Mon)

仲間の好意で1席しかない高速バスの座席を譲ってもらい同窓会から戻ってきました。

翌日に京都に於いて大切な会議があるのだとボロッと漏らしたばかりに要らぬ心配やら配慮をして頂きました。

そのおかげで旅の荷物の整理や洗濯などを済ませ翌日は「令和4年度近畿地方保護司代表者協議会」に無事参加することができました。

滋賀県7名、京都府19名、大阪府40名、兵庫県25名、奈良県14名、和歌山県11名の合計116名の参加者でした。

研究協議事項は2部に分かれており肩の凝る内容ばかりでした。

@「保護司制度の持続的発展を可能とする取り組みについて」 意見発表「滋賀県・大津」「大阪府・堺」「和歌山県・那賀」地区の保護司会長

A「再犯防止のため、保護司・保護司会が実施している取り組みについて」意見発表「京都府・右京」「奈良県・奈良」「兵庫県・尼崎」地区の保護司会長

会議を終えて外に出ると薄暗くなっていました。帰宅して夕食の用意を済ませ翌日は中学生と一緒に街頭啓発です。

犯罪防止を町ゆく人達に訴えるのです。生徒がいてくれるとチラシやグッズ受け取ってくれて、はかどるねぇ!

そして翌日は・・・日帰り研修会。そのまた翌日は保護観察所連合会の会長・副会長の会議・・・

会議の後は必ず報告書は書かないといけないのに書く時間がなくだんだん記憶から薄れていきます。

やっと時間がとれて同窓会の写真の整理に取り掛かることができました。

今回は「アゲ」もなく、参加人数も少なく、翌日の観光もなく紙面を埋めるのに四苦八苦。

かといって「よさこい4人衆」のプライベート写真を乗せるわけにもいかず、明日から時間の許す限り編集に没頭です。

【7209回 同窓会物語】おまけ編
  Date: 2022-11-20 (Sun)

同窓会を終えて、それぞれが帰って行く中、我々関西組は龍河洞へと行くことにしました。

夏のよさこいまつり・阿波踊りの時アクシデントで行けなかったため再度企画してくれました。

往路は4人でしたが復路は何故か5人(帰路が同じの姫路の同級生が特別参加)

途中にあるひまわり畑に立ち寄りました(もう咲いてないだろうと思っていましたが綺麗に咲いていました。)

背丈の高い大きなひまわりを想像していましたが背丈の低い小ぶりのひまわりは太陽に向かってみんな整列していて可愛かったです。

車中では姫路の友にスマホ(初心者のため)の使い方をみんなで伝授。

使えないと言うので「使えないのではなく、使えるように努力をするのだ」とみんなから総攻撃されていました(笑)

せっかくの機能があるのだからね、みんな最初はそうだったんだからね。頑張ってライン仲間になってよね。

わずかな時間で龍河洞到着。小学校の修学旅行に来た懐かしい記憶が蘇りました。

龍河洞見物を済ませると高知駅に向かい、午後1時50分発の大阪行きのバスの予約をしなくてはなりません。

まずは予約を取り、それからランチタイムにしようとバスターミナルへ。

ところが、ところがなんです。あと1席しか空席がないと言うのです。平日の昼下がりに予想もしなかった事態発生です。

「みっちゃんは翌日京都で会議言うてたから先に帰って!」ミーコの優しい言葉に甘えて私だけ先に帰ることになりました。

バスの外で手を振る皆さんに申し訳ない思いで大阪着19時過ぎに戻ることができました。

そのおかげで荷物の整理やら洗濯やらを済ませ会議の用意も出来ました。

奈良のミーコは22時過ぎに帰宅、和歌山のヤヨイちゃんにおいては0時30分帰宅とのこと。

旅の功労者のサチ君は疲れ果てて松山まで帰らず高知に泊まったとか・・申し訳なかったね。みんなありがとうね!

雨に降られたりしたけれど予定を全部消化できた有意義な第9回舞の森同窓会の旅でした。

  see you again !(完)

【7208回 同窓会物語】See You Again
  Date: 2022-11-19 (Sat)

別れの朝がやって来ました。ホテルから見る朝焼けの空は美しい、美しい太陽が昇ってきました。

2次会部屋の人達は、ぶっ潰れているのではと心配するもスッキリした顔で朝風呂から戻ってきました。酒に強い身体なのでしょうか!

朝食を済ませ帰り支度を済ませてロビーに集合。高知在住の幹事が会計報告と、皆から観光の希望が出なかったため、ここで解散宣言。

「来年は物故者の黙祷だけは避けたいね」と言いながら77歳まであと3回の同窓会を楽しもうと約束しました。

名残惜しくもありますが来年また会いましょうと手と手を重ね合い、硬い約束を交わしました。

みんな散り散りバラバラに車に乗って去って行きました。

では私達「よさこい4人衆はどうするの?」勿体ない・・このまま帰るはずがないではありませんか!

真夏のよさこいまつりと阿波踊りツアーの時、龍河洞に行きそびれていましたので実現してくれることになりました。

小学校の修学旅行依頼?途中で訪れた人もいましたが懐かしいので大喜びです。

別便で参加した姫路のシノブ君も関西方面に帰るため同行することになりました。

四万十組さんサヨウナラ〜!高知組さんサヨウナラ〜関西組はまだまだ遊んで帰りま〜す。

(次回はひまわり畑と龍河洞編)

【7207回 同窓会物語】第2日目・宴会編
  Date: 2022-11-18 (Fri)

     〜ただいま宴会中〜

「黙食」なんてことは酒好きの四万十の人達に守れるはずがありません。最初の席の設定はきちんと間隔を開けて準備がされていました。

高知在住の幹事の挨拶、物故者への黙祷が済むと乾杯、そして食事がはじまりました。

3時間の宴会です。カラオケこそありませんでしたが長い間、会えなかった2年間を賑やかにガヤガヤと楽しく埋めることができました。

時間の経過と共にソーシャルディスタンスが取れてしまい、二列のテーブルはいつの間にか一列にギュッと密着していました(笑)

私は写真撮影に忙しくみなさんとあまり話をしていませんが楽しさは充分伝わってきました。

最後はやはり「蕨岡音頭」で締めくくりたいと申し出ました。マイクはありません。

「わしが歌うちゃる!」と言う人が出てきてメロディは正しくありませんでしたがそれなりに愉快に輪になって踊ることができました(笑)

最後はやっぱりコレコレ!故郷の蕨岡音頭で締めないとね。

解散後はどこかの部屋で2次会が行われていた様ですが案内が無かったので・・ふて寝(笑)

参加者全員にちゃんと声かけして欲しかったなぁ!少し不満の残る時間を過ごしました。

私なら、お開きの時に2次会の案内をきちんとするし、誰かがいなかったら呼びに行くと思います。

「あれっ?、みっちゃんがおらんね、呼んでくるわ!」・・まぁ済んでしまったことを言っても仕方がないね。

【7206回 同窓会物語】第2日目
  Date: 2022-11-17 (Thu)

「宝泉坊ロッジ」での朝は、前夜に「感謝、感謝、感謝の雨が降る」と予想した通り雨の音で目が覚めました。

「こりぁ墓参りは無理やなぁ!」とつぶやくとサチ君が「後悔が残らんようにしないといかん。長靴も持ってきちょる」

何がなんでも墓に行ってくれる勢いでした。有難いね!

そしたミーコの実家に立ち寄り、鎌を借りる段取りまでしてくれました。

雨は大粒でやみそうにもありません。何度かの休憩を経て(道の駅で榊も購入)午前10時には四万十市に到着していました。

途中で鎌を借り、三々五々実家へと散りばりました。借用した鎌の入った袋の中にはゴム手袋まで入っていました。細やかな配慮に感謝です。

不思議なことに墓所手前で雨が止み、太陽が出たではありませんか!信じて貰えないと思いますがその一瞬だけ雨は止んでくれました。

「お父ちゃん、お母ちゃん、私が死んだらもうここには誰も来ないけどいいかな?」手を合わせてそんな事を呟きました。

「ええよ、ええよ」そう聞こえた気がします。

姉も80歳を過ぎており急登の墓所への道は無理だと思います。

ポッチーが同伴の時はロープで懸垂下降をしないといけないほどの悪路なんです。

足場の悪い山の中腹の墓地を参ってくれとは息子達に託す気はありません。静かに山と同化してくれる事を祈っています。

墓参りを済ませ92歳になるサチ君の母親の所に行くときはまたドシャ降りの雨が降り始めていました。

そして同窓会は欠席だと言う同級生たちと8人でランチ会。

サチ君の配慮で四万十市でのランチ会はとても意義あるものでした。アルバムにも載せるけんねぇ。完成したらアルバムも送っちゃるけんねぇ。

再び、よさこい4人衆は会場となる「かんぽの宿・伊野」へと車を走らせるのでありました。

「再会の様子・宴会の様子は明日につづく」

【7205回 同窓会物語】第1日目
  Date: 2022-11-16 (Wed)

同窓会開催日は11月13日と決まっているのですが私達は前日に出発しました。

「よさこい4人衆」だけでまずは1泊しようという計画です。

綿密な旅行企画書がサチ君から送付されており3人3様の日程が書かれています。(旅行会社顔負け)

まずは大阪組は午前8時の高速バスに予定通り乗りました。

いつもはサチ君に「無事乗車!」の報告をするのですが今回は・・・忘れてました(ゴメン)

途中で「バスに乗ったのか?」と催促を受け気づく始末です(おしゃべりに夢中やったけんねぇ)

バスは快適に2回の休憩を経て松山にむけて走行中・・かたや徳島から来る友に何かアクシデントがあったらしい。

意味不明のラインを解読できずに降車場所の松山インターで4人衆が合流できました。

なんと、なんと・・・和歌山港フェリー乗り場の渋滞で予定のフェリーに乗り遅れて急きょ、サチ君が徳島港まで車を走らせたとか・・

こりゃ凄い事やっ!フツーの人なら「残念やったねぇ」と今回の企画はオジャンのはず。

そうならないのがサチ君パワーなんです。何事もなかったように松山インターでニコニコと出迎えてくれました。

車の中はその話題でボリュームMaxよっ!サチ君の辞書に「諦める」と言う言葉はないみたい。

無事合流の後は「ギャラリーしろかわ」に立ち寄り、かまぼこ板の展覧会を鑑賞しました。

小さなかまぼこ板に書いた絵は繊細で美しく何枚も貼り合わせた大作もありました。

建物の外に出ると紅葉が美しく暮れ行く錦秋を楽しむことができました。

そしてお宿は西予市の「宝泉坊ロッジ」知る人ぞ知る温泉地みたいでした。

お部屋も食事も温泉も大満足!

それにしてもサチ君の行動力のおかげで今回の旅行が予定通りに実行できたことに感謝、感謝、感謝の雨が翌日降るそうです(笑)

ハーモニカコンサートは朝の徳島港までの強行軍で疲れていたため残念ながら開催無しとなりました。

- Sun Board -